郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

学資保険の最近の動向

郵便局の学資保険の貯蓄性はあがるか?

郵便局の学資保険は、貯蓄性を目的としながら最近では他社の学資保険に比べて貯蓄性の低さが指摘されていて、郵便局学資保険のほとんどの契約で元本割れするのが現状です。

郵便局の学資保険が元本割れする理由の一つは契約者配当金の額の低さにあります。これは集めた学資保険の掛け金を運用した利益で確保されますので、バブル崩壊後の超低金利、ゼロ金利政策の影響で運用利回りが確保されてないので郵便局の学資保険の貯蓄性が低くなっているのです。もちろん郵便局以外の学資保険の中には高い貯蓄性を確保できているものもありますので、低金利だけを理由にすることは出来ません。

昨年末から金利が上がる方向に動き始めていて、日本生命は一時払年金保険・一時払養老保険・一時払終身保険の予定利率を、平成19年7月1日(日)より引き上げることを発表しました。おそらく他の保険会社も追随することが予想されます。学資保険の貯蓄性に直接関わってくるわけではありませんが、このような流れが続けば学資保険の貯蓄性も向上してくるかもしれません。

郵便局の学資保険も例外ではありません。更に要求するならば郵便局の学資保険には郵政民営化でかんぽ生命に生まれ変わるのを機に、利回りを最大化する収益商品構成を構築してもう少し貯蓄性の高い魅力的な学資保険に変えていって欲しいものです。

学資保険の最近の動向

学資保険・こどもの保険の最近の動向

学資保険や子ども保険は、かつては教育資金づくりの王道だった。

として、学資保険やこども保険の最近の傾向と、教育資金づくりにつかえる「個人年金
終身保険」「定期保険」の活用法を、YOMIURI ONLINEホーム>マネー・経済>投資講座>女性FP発 の中で、ファイナンシャル・プランナーの竹下さくら氏がとても参考になることを書かれています。

「子ども保険」「学資保険」の最近の傾向は、貯蓄性の高いものが大人気のようで、元本割れしていないタイプの「子ども保険」「学資保険」に、関心が集まっているそうです。

ただ、現実には、学資保険や子ども保険は「貯蓄」ではなく「保険」ですから、純粋に貯蓄を目的とした金融商品と比べたら低利回りですよね。

最近では、“親の死亡後の保険料は払込免除”の性質(郵便局の学資保険はまさにそう)を、特約で選択できるようにしたところもあって、特約を付けなければ、その分だけ保険料が安くなって利回りをアップできる仕組みもありますね。

竹下さくら氏は、学資保険やこども保険の商品性は各社で千差万別なので、学資保険やこども保険に保障性(親死亡時の育英年金や子どもの医療保障)ではなく貯蓄性の高さを求めるなら、まずは自分で電卓をたたいて、利回りチェックすることが大切です、と言われています。

本文中には、具体的な計算方法と貯蓄性の高い「子ども保険」のトップレベルの指標も書かれています。


学資保険や子ども保険以外の金融商品による運用についても、
分かりやすく、そして詳しく書いてありますので、是非参考にされてください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。