郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

郵便局以外の学資保険

人気の学資保険ばかりです

学資保険をどこに加入するか決めるために、
資料を集めた学資保険商品の一覧です。(参考まで)

五十音順に並べてます。

クリックまたはサイドバーのGoogle検索窓にコピー&ペーストすると
詳細が分かるページに飛べます。


あいおい損保 こども保険
朝日生命 新こども保険「えくぼ」「ゆ・め」
アフラック かわいいこどもの保険
アリコジャパン 学資積み立てプラン
AIGエジソン生命 愛児成長保険
かんぽ(郵便局) 学資保険
JA共済 こども共済
住友生命 こどもすくすく保険
ソニー生命 学資保険
損保ジャパンひまわり生命 ともだちくらぶ
第一生命 こども学資保険ミッキー
大同生命 み・ら・い
太陽生命 ひまわり学資プラン → 新こども保険わくわくポケット」
東京海上あんしん生命 5年ごと利差配当付こども保険
日本興亜生命 こども保険
日本生命 げ・ん・き EX
富国生命 学資保険
三井住友海上きらめき生命 こども保険
三井生命 はいはいらんど-R
明治安田生命 こどものほけん

資料もらうだけなら無料です。
たくさん集めて、あなたと家族のライフスタイルに
あった学資保険を選びましょう。

プロのアドバイスを無料でもらうなら
→プロが選ぶ学資保険

郵便局以外の学資保険

郵便局学資保険と損保ジャパンひまわり生命のこども保険

郵便局学資保険に近い損保ジャパンひまわり生命の保険は「ともだちくらぶ」です。

郵便局の学資保険が、どちらかというと学資の貯蓄に重点を置いた学資保険ですが、損保ジャパンひまわり生命の「ともだちくらぶ」は、医療保障に重点を置いたこども保険と言えるでしょう。

郵便局学資保険に特約を付ければ同程度の医療保障が受けられるかというとそれはちょっと難しいと思われます。
「ともだちくらぶ」には、ふたつの保障プランがあり、郵便局学資保険の生存給付金・満期祝い金に相当する成長祝金を6・12・15・18際に10・20・30・50万円(プラン2の時)受け取ります。

郵便局学資保険でこの総額と同レベルの学資を得るためには、満期保険金110万円のコースの郵便局学資保険に加入することになりますが、その場合、郵便局学資保険の特約は最大に設定しても、契約年数にもよりますが「ともだちくらぶ」のおおよそ半分程度の補償額にしかなりません。
もちろん、その場合、郵便局の学資保険の方が月々の保険料も4割程度安くなります。

損保ジャパンひまわり生命のこども保険「ともだちくらぶ」は、
学資保険というよりも医療保険・生命保険に祝金が付いたものと考える方がいいでしょう。

最初に、学資保険に加入する目的を決めて学資保険を比較検討されている方は、郵便局学資保険と「こどもくらぶ」を比較対象とすることはないでしょう。医療保障を充実させたいと考える方には、おすすめのこども保険です。

郵便局以外の学資保険

富国生命(フコク)と郵便局の学資保険

富国生命の学資保険と郵便局の学資保険を比較します。

富国生命(フコク生命)は郵便局や他の生命保険会社に比べて知名度は高くありませんが、大正12年に創立された歴史の古い生命保険保険会社です。フコク生命と書く方が知っている方も多いかもしれません。

富国生命の初代社長は「鉄道王」と呼ばれた根津嘉一郎氏で第三代社長は日本開発銀行総裁やアラビア石油の会長も務め財界四天王の一人と呼ばれた小林中氏が努めるなど富国生命は輝かしい業績を残してきています。
富国生命の経営は非常に堅実で昨年上半期末のソルベンジー・マージン比率(生命保険会社の健全性を表す指標の一つ)は、1156.40%と郵便局(かんぽ生命)の770%(概算値)を大きく上回っていて、安心できる生命保険会社の一つです。

富国生命のこども保険も郵便局と同様、学資保険と呼ばれます。富国生命の学資保険の基本契約は郵便局同様学資の貯蓄が目的で、医療保険については新医療保険保険「医療大臣」をパックで契約することでカバーされます。
契約内容にもよりますが、富国生命の学資保険はソニー生命の学資保険などと同じように元本割れしない数少ない学資保険として知られています。

ただし、富国生命と共栄火災海上保険株式会社、共栄火災しんらい生命保険株式会社と業務提携の話がすすんでいますので、この話の進展具合によっては、富国生命の学資保険が、元本割れしない学資保険でありつづけるかどうか未知数なところもありますし、契約高を水増しするため、顧客に不利な内容の契約変更を勧めるよう本社から全国の営業職員に指示していたとのニュースも聞かれましたので学資保険先として慎重に検討する必要があります。

フコク生命の学資保険の特長などについては、次項で説明します。

郵便局以外の学資保険

フコク生命と郵便局の学資保険

フコク生命の学資保険には、2種類の学資保険があります。

ひとつは、成長に合わせて祝金を入学資金などを準備するために利用することが出来るフコク生命学資保険ステップ型です。
このフコク生命学資保険ステップ型では、3歳(幼稚園入園時)、6歳(小学校入学時)、12歳(中学校入学時)、15歳(高校入学時)、18歳(大学入学時)、20歳(成人時)に祝金がもらえます。祝金は、18歳時が満期保険金額の60%で、その他が10%です。

もうひとつは、フコク生命学資保険ジャンプ型で、祝金を受け取るのは大学入学時で、満期保険金の120%を受け取ることが出来ます。

富国生命の学資保険は、元本割れしない学資保険として知られていて、契約内容にもよりますが、郵便局の学資保険とことなり返戻率が100%を超えることも可能です。しかも、フコク生命の学資保険には兄弟割引制度がありますので、兄弟もフコク生命の学資保険に加入されている場合は、毎月の支払額が若干少なくて済み、その分返戻率も上昇します。

もちろんこれは学資保険部分のみの話であって、医療保障も欲しいと新医療保険「医療大臣」をパックにしたり、契約者(親)に万が一のことがあったときに備えて、教育資金保障特約を付けたりすると、たとえフコク生命の学資保険であってもトータルでは元本割れしてしまいます。

保険はあくまで保険ですから、フコク生命の学資保険であれ郵便局の学資保険であれ、大きなリターンを求めることは不可能です。

郵便局以外の学資保険

日本生命のこども学資保険

日本生命で郵便局の学資保険に相当するのは「ニッセイこどもの保険 げ・ん・き EX」です。

「ニッセイこどもの保険 げんき EX」は、郵便局(かんぽ)の学資保険と同様、満期時以外にもお祝い金(生存給付金)が受け取れますし、契約者(親)に万が一のことがあったときに「育英年金」で満期までの保険料の払込は免除され育英年金を受け取ることが出来ます。

郵便局の学資保険と違うのは、お祝金(生存給付金)の受け取り時期が幼稚園入園時・小学校入学時にも設定できる点が、一つです。郵便局以外の保険会社の学資保険・こども保険は、幼稚園入園時や小学校入学時にお祝い金の設定が主流になりつつあります。

子供の契約年齢と保険期間は4つ設定されています。
こどもが3歳未満(0歳から2歳)で18歳または22歳満期とこどもが3歳以上(上限8歳)で18歳または22歳満期です。
ちなみに、3歳以上のプランの場合、幼稚園入園・小学校入学時のお祝い金の受け取りは出来ません。また、18歳満期プランでの大学進学時のお祝い金はありません。

不慮の事故や病気による入院や通院の保障は、「こども新災害入院特約α」「こども新入院医療特約α」「こども通院特約α」を付けることでカバーします。
日本生命には、もう一つ「ニッセイ終身保険 成長日記Ex」というこども向け保険があります。「ニッセイ終身保険 成長日記Ex」は、終身保険で計画的な資産形成や長期の医療保障を目的としたこども向け保険です。

郵便局以外の学資保険

第一生命こども学資保険ミッキーと郵便局学資保険

第一生命のこども学資保険はミッキーです。
郵便局の学資保険や他の保険会社の学資保険こども保険と基本的に同じような学資保険ですが、第一生命が出しているものを見ると

「お子さまのすかやかな成長をお守りしながら、あわせて学資金、独立・結婚資金を確実にご準備いただける保険です。」

と、結婚準備まで謳っているところです。
特に、結婚が決まったら祝金100万円とか、そういうものではなく、契約内容にもよりますが、22歳満期コースのことを想定しているものと思われます。

22歳を満期とするのは郵便局の学資保険にもありますし、他の保険会社のこども保険学資保険にもあります。

郵便局の学資保険と第一生命こども学資保険ミッキーとの大きなちがいの一つは、6歳時に学資金(郵便局の学資保険では生存給付金)の受け取りが出来るという点です。
基準保険金額100万円の22歳満期コース第一生命こども学資保険ミッキーに0歳で契約すると6歳時の学資金の受取額は20万円です。
6歳時、つまり小学校入学時は、ランドセルや学習机など意外とお金がかかりますので、第一生命こども学資保険ミッキーで、6歳の時に学資金が受け取れるというのは、子育て中の親にとっては魅力の一つです。

契約者(親)が死亡したり高度障害など所定の身体障害状態になったときに、それ以降の保険料の支払いが免除される点、育英年金特約で、親に万が一のことがあったときにこどもに育英年金が給付される点、医療保障特約で、こどもの病気やケガの保障を受けられる点は、おおよそ郵便局の学資保険と似ています。

郵便局以外の学資保険

朝日生命のこども保険は「えくぼ」と「ゆめ」

朝日生命で郵便局の学資保険に相当するのは、こども保険「えくぼ」と「ゆ・め」です

朝日生命新こども保険「えくぼ」「ゆめ」のキャッチフレーズに、お子様・お孫様のすこやかな成長を力強くサポートします。とあるように孫のために祖父母が契約者となるこども保険を強調しているところが郵便局の学資保険や他社の学資保険こども保険にはない特徴です。

郵便局の学資保険だと契約者は、男性18歳、女性16歳から55歳までですが、朝日生命のこども保険「ゆめ」だと、70歳でも加入することができます。孫0歳、契約者70歳男、満期保険金額100万円で加入すると、18歳満期コースで受取額230万円、返戻率116.5%、22歳満期コースで受取額330万円、返戻率119.4%とかなりいい返戻率に設定されています。

朝日生命のこども保険の特徴のもう一つは、小学校4年生進級時にも教育資金を受け取ることが可能な点です。例えば、こども0歳、契約者30歳男、満期保険金100万円(22歳満期)に加入すると月々の支払いは15,189円で、4歳で(幼稚園入園時)10万円、6歳(小学校入学時)と9歳(小学4年生進級時)に20万円、12歳(中学校入学時)に30万円、15歳(高校入学時)に50万円、18歳(大学入学時)に100万円、22歳で満期保険金100万円を受け取れます。

朝日生命のこども保険には、もちろん医療保障や契約者にもしものことがあったときの育英資金も完備しています。

郵便局以外の学資保険

住友生命(スミセイ)のこどもすくすく保険

住友生命通称スミセイで、郵便局の学資保険に相当するのは、こどもすくすく保険です。住友生命の資料によるとニーズにあわせてこどものケガ・病気の保障を選べる点と契約者に万一のことが起きたとき、それ以後の保険料は入らないという安心を売りにしているようです。

特長としてすみせいのこどもすくすく保険のウェブに上がっているのは、
1.教育資金の準備に適してる。18歳満期の場合、12歳・15歳に学資祝金を受け取れ、18歳時に満期祝金を受け取れます。「学資祝金・満期祝金を自由に活用いただけます」と書いてあるけど、郵便局の学資保険や他社の学資保険・こども保険は、自由に使えない?そんなことはないはずなんですが・・・、スミセイのwebにあるこの文句の意味は何なんでしょうか?

2.パパやママが万一のときにも安心。契約者に万一のことがおこっても以後の保険料を払えなくても保障はそのまま継続され、養育年金を受け取るというもの。住友生命のこどもすくすく保険以外でもほとんどのこども保険学資保険で採用されていますね。郵便局の学資保険にも育英学資があります。養育年金を受け取る為には養育年金特約が必要ですので注意してください。

3.安心の医療保障。住友生命のこどもすくすく保険の基本部分に災害・疾病関係特約(救Q隊OK)をつけることで、入院・手術保障などで、こどものさまざまなリスクに対応できます。こどもすくすく保険の医療保障は入院とその後の通院も保障されます。医療保障の範囲など詳しい内容は住友生命のこどもすくすく保険の約款で確認してください。

4.スミセイのこどもすくすく保険は、様々なプランが選べる。こどもすくすく保険は、満期、払込期間、いろんな特約が選べるので、あなたやこどものライフスタイルに合わせたこども保険プランをたてることが可能です。

郵便局以外の学資保険

あいおい生命のこども保険と郵便局の学資保険

あいおい生命で郵便局の学資保険に相当するのは、「あいおい生命5年ごと利差配当付こども保険」です。

あいおい生命こども保険は、医療保障と貯蓄性を兼ね備えた郵便局の学資保険と似たようなこども向け保険です。
あいおい生命こども保険の学資保険としての側面では、小学校・中学校・高校・大学入学の際に、学資として祝金を受け取ることが出来、契約者が死亡や高度障害になった時には、それ以降の保険料の払込は免除され、養育年金が毎年支払われます。
あいおい生命こども保険の医療保障の面では、こども医療特約をつけての対応ですが、こどもが病気やケガで2日以上継続して入院したときには、入院1日目から入院給付金が、また手術う受けると手術の種類に応じて手術給付金を受け取ることが出来ます。

郵便局の学資保険以外では、数社で見るようになってきましたが、あいおい生命のこども保険もこどもが生まれる140日前から契約することが可能です。

契約者が30歳男、こどもが0歳の時に、保険期間22歳満了、保険料は18歳払込完了でこども保険基準祝金100万円、こども医療特約日額5000円のこども保険プランだと月々の支払額は12,131円です。総支払額は12,131円x12か月x18年=262万296円になります。これに対して祝い金は、6歳で20万円、12歳で30万円、15歳で50万円、18歳で100万円の合計200万円です。これに5年ごと積立配当金が付くので、そこをどう考える(予想する?)かで貯蓄性の部分で郵便局や他社の学資保険こども保険との優位性が違ってくるでしょう。あとは、医療保障をどう考えるかです。

郵便局以外の学資保険

AIGエジソン生命のこども(学資)保険は愛児成長保険

AIGエジソン生命で郵便局の学資保険に相当するものは、愛児成長保険です。

AIGエジソン生命は、世界最大級の保険・金融サービスグループAIGの一つです。特筆すべきは、保険会社の体力・余力を表す指標のひとつソルベンシー・マージン比が1,025.3%と驚異的に高いことです。これだけ高いと、つぶれる心配は、郵便局並み(?以上?)に低いので、安心感は抜群です。

AIGエジソン生命の愛児成長保険の詳しいことは、AIGエジソン生命に問い合わせていただきたいのですが、愛児成長保険の特徴は、学資保険としてはあたりまえですが子供が幼稚園、小学校、中学校と進学する度に、入園・入学祝金をもらえること、契約者(親)に万が一のことがあったときに子供の養育費がもらえる育英学資としての性格、そしてこどもがけがや病気・災害で入院したり手術を受けたりしたときに保険金を受け取れる医療保障としての性格をもっていることです。

AIGエジソン生命の愛児成長保険では、例えば30歳男性が公式サイトにあるような18歳満期、月12,613円の愛児成長保険に加入すると、単純に計算すると、12,613円x12月x18年=2724408円支払いますが、入園・入学祝金として返戻されるのは合計200万円です。子供にも契約者(親)にもなにも起こらなかった時は、約70万円ほどの差がでます。

AIGエジソン生命の愛児成長保険は、学資保険こども保険を医療保障の内容で選びたいという方に向いている保険だと思います。

郵便局以外の学資保険

太陽生命の新こども保険「わくわくポケット」

太陽生命で、郵便局の学資保険に相当するものといえばこれまでは「ひまわり学資プラン」でしたが、太陽生命から新こども保険として「わくわくポケット」が発表されました。

太陽生命の「わくわくポケット」の特徴は、高校・大学進学時の学資に給付を絞った「しっかりプラン」と子どもの成長にあわせて祝金や学資金が受け取れる「すくすくプラン」の2種類から選べるところにあります。

しかも、学資金の支払い日は10月1日と、とても早いです。これくらい早いと推薦入学にも対応できるし、意外にお金のかかる受験代にも回すことが可能です。

また、「わくわくポケット」のうれしいところは、こども保険保険料払込免除特約で、これまでの学資保険は大抵、契約者に万一のことがあった時だけと限定的だった「以後の保険料不要」が、それ以外でもガンなどの三大疾病である一定条件以上の状態や要介護状態になった時にも「以後の保険料が不要」となるし、三大疾病保証付育英年金特約では、これもこれまでの学資保険にはなかった万一の時以外のガンなどの三大疾病である一定条件以上の状態や要介護状態になった時に育英年金の支払いを受けることが出来ます。

もちろん従来の学資保険同様、「わくわくポッケ」には傷害特約や災害入院特約、疾病補償特約をつけることで、十分な医療保障を受けることも可能です。

太陽生命の新こども保険「わくわくポッケ」は、最も新しい学資保険・こども保険だけあって従来の郵便局の学資保険や他の保険会社の学資保険・こども保険の人気なところ取り、いいとこ取りといった感じで、とても充実した内容になっていますね。

郵便局以外の学資保険

アリコの学資保険 こども医療保険+学資積立プラン

アリコの学資保険は、こども医療保険にオプションとして災害保障付学資積立特約をつける形です。

アリコジャパン(AIG アメリカン ライフ インシュアランス カンパニー)といえば、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始して以来着実に実績を上げている生命保険会社です。なんと2006年9月期には保有契約高が25兆円を突破したそうです。


こんなアリコの学資保険は、上述したように「こども医療保険+学資積み立て」型です。

アリコの「こども医療保険+学資積み立て」型で学資保険に加入すると郵便局の学資保険や他の保険会社の学資保険に比較して、その名前の通り医療保障が充実するので、学資保険の保険部分に重きを置きたい方におすすめです。

アリコのこども保険の特徴は、病気やけが・災害であっても1泊2日の入院から1入院60日までの入院を保障してくれます。60日までと書きましたが、慢性疾患などで入院が長期化するような場合にも対応してくれます。もちろん手術や骨折、重いやけどなどにも給付金が支払われます。

医療保険ですが、アリコのこども保険は掛け捨てではなく、無事故だったら5歳、10歳、15歳、満了時に祝い金がもらえます。
そして、郵便局の学資保険のように育英学資的な要素もあり、契約者(主に親)に万一なことが起こったときには、子供が22歳になるまで育英年金を受け取る事が出来、無事に満了を迎えれば生存給付金を受け取れます。これも郵便局の学資保険同様、払込免除特約付きにすれば、契約者に万一なことがあれば、特約分も含めたその後の保険料の振り込みが免除されます。

このアリコのこども医療保険の基本保障に、災害保障付学資積立特約をオプションとして付けると、契約から5年経過後から毎年、学資給付を受け取れます。学資給付の額は、アリコのおすすめプランだと17歳まで毎年5万円、18歳時に25万円です。

アリコのこども医療保険+学資積立は、保険部分に重点を置きたい方におすすめですが、郵便局の学資保険等と比較しても、学資部分はあまり遜色ないように思えます。
手厚い医療保障が受けられて、これくらいの学資給付があれば、お得感が高いですね。

アリコの子供医療保険、学資積立特約等の詳細は、アリコのパンフレットなどの資料で確認してください。

郵便局以外の学資保険

アフラックのかわいいこどもの保険

アフラック学資保険
「アフラックのかわいいこどもの保険」です。

郵便局の学資保険と同様、
高校進学時(15歳)と大学進学時(18歳)に
祝い金を受け取ることが出来ます。

アフラックのかわいいこどもの保険だと、18歳にもらえる祝い金を100万円から800万円まで、10万円単位で細かく設定することができます。

ちなみに、15歳時に受け取る学資祝い金は18歳時に設定したものの30%です。

アフラックのように祝い金を細かく設定できれば、それだけ月々の支払額も細かく設定できるので、あなたにあったプランが見つけやすいでしょう。

郵便局の学資保険とくらべてアフラックのかわいいこどもの保険は、被保険者(こども)も契約者(親など)も年齢の上限が若いことは注意が必要です。

アフラックのかわいいこどもの保険でいいなあと思うのは、
「出生前加入特則」をつけることで、出生予定日が140日いないであれば、子どもが産まれる前に学資保険に加入できることです。
これは、なにかと都合がいいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。