郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

学資保険 毎月の支払額

学資保険の掛け金

学資保険の掛け金を月々いくらくらいに設定すべきかというのは、それぞれの家計の事情やこどもの教育プランによっても異なってくるとは思います。

現在の収入と生活スタイルから月々どれくらいの学資保険の掛け金なら可能かというところから学資保険プランを立てることも出来ますし、将来設計から必要な学資を計算して学資保険をプランニングし、続きの掛け金が決める方法もあるでしょう。


そんな時に、なにか目安となるものがあると参考になります。

リクルートの「『赤すぐ』『妊すぐ』出産・育児トレンド調査2003」によると、一人目のお子さんが産まれたのをきっかけに貯蓄や投資を始めた方の1ヶ月平均貯蓄額は約2万円だそうです。最も多かったのは1.0万円〜1.5万円未満で35%。5万円以上と答えた方も9%もいらっしゃいました。

この内どれくらいを学資保険の掛け金にするかは、個々で違ってくるでしょうが学資保険の掛け金を決めるときの参考になるでしょう。
学資保険の掛け金を決めるとき、郵便局の保険員や保険会社の人からは、こどもの夢を実現するのは親の責任とか、いざというとき慌てないようにとか、いろいろと言われますが、学資保険の掛け金も含めた今の生活に必要な経費と収入を考え、「せめて人並み」という気持ちがありますからね。

学資保険 毎月の支払額

学資保険代にいくら払えますか?

学資保険の支払い額をいくらに設定すれば
いいのかも、とても悩むところです。

先のことを考えたら、
加入する保険額(郵便局なら最大700万円)が大きいに
越したことはありませんが、その分、月々の支払いは増えてしまいます。

学資保険の支払額を高く設定したために、
日々の生活が苦しくなるのでは、本末転倒な気がします。

わたしの場合は、毎月の保険料は、
できるだけ余裕をもった設定にしておいて、もし余分が出たら、
貯蓄や投資にまわすという風に考えて設定しました。

私が相談したライフプランナーの方は、
学資保険の場合は、出口の保険額から計算するよりも、
月々いくらなら支払いが可能かという風に考えた方がいい」
とおっしゃってました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。