郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

郵便局(かんぽ)の育英学資

郵便局の育英年金とは

郵便局の学資保険のひとつ、育英学資についている育英年金とは、
保険契約者(親など)が、保険期間が終了する前に死亡したときや重い障害ももつような状態になったときに、その日から保険期間が満了、つまり終わる日までの期間に育英年金が支払われるというもの。

ただし、被保険者つまりこどもが生きているということが前提です。
たとえば、交通事故で、親は重度の障害を受けて、こどもが死亡したような場合は、育英年金は、支払われません。

育英年金の金額は、保険金額の12%が一年間に支払われます。
保険金額が700万円の育英学資に加入していた場合は、700万円の12%、つまり84万円が保険期間が終了するまでの間、毎年支払われます。

あたり前のことですが、保険契約者(親など)が契約が成立した日から1年を経過する前に自殺したときや被保険者が故意に保険契約者(こども)を殺したときなどには、育英年金は支払われません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。