郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

郵便局(かんぽ)の学資保険

郵便局の学資保険

郵便局で加入する(かんぽ)学資保険には、大きく分けて2つの保険商品があります。
ひとつは学資保険で、もうひとつは育英学資です。
どちらも、
高校進学時を想定した「15歳満期」
大学進学を想定した「18歳満期」
大学進学を念頭に、中学、高校進学時の生存保険金がもらえる「18歳満期 生存保険金付」
大学進学時と20歳時に生存保険金がもらえる「22歳満期 生存保険金付」
があります。

加入できるこども年齢は、
「15歳満期」は0歳〜10歳
「18歳満期」は0歳〜12歳
「18歳満期 生存保険金付」は0歳〜9歳
「22歳満期 生存保険金付」は0歳〜12歳です。

契約者は、いずれの場合でも、男性18歳、女性16歳から55歳までです。

郵便局の学資保険は、加入できる保険金額に幅があって、
学資保険は50万円から育英学資は100万円からはじめられて、どちらも最高額は700万円です。

郵便局の学資保険と育英学資の大きなちがいは、育英年金がついているかいないかです。

育英年金とは

郵便局(かんぽ)の学資保険

満期保険金請求に必要な書類

郵便局の学資保険が満期になった際に満期保険金を請求しますが、
その際に必要な書類を確認しましょう。

郵便局の学資保険の保険金請求に必要な書類は、
「保険証書」「生年月日と性別を証明する書類」です。

他の簡易保険と異なり、学資保険・育英年金付学資保険では、
被保険者だけでなく保険契約者の生年月日と効力発生日における性別を証明する書類も必要です。

郵便局を学資保険金の請求のために訪れた方が、
性別を証明する書類も必要と聞いて驚かれることも多いそうです。
なりすましで学資保険金を受け取ることを防止するなどいろいろな理由が
ありますが、ジェンダレスを唱えるグループから強い批判もあるようですので、
その内、別の方法に代わるかもしれません。

話は、横道にそれましたが、郵便局の学資保険請求の際に生年月日や性別を証明するのに使える書類には、国民年金手帳、厚生年金手帳、基礎年金番号通知書、国民健康保険被保険者証、健康保険被保険者証、共済組合組合員証、住民基本台帳カード(性別の記載のあるもの)、パスポート、・戸籍謄(抄)本、住民票の写し(性別の記載のあるもの)、出生届出済証明のある母子健康手帳などがあります。

あと、意外に思われるかもしれませんが性別の記載のある社員証、職員証や学生証も使えます。
役所に行く手間はありますが、住民票の写しだと親と子供の証明が一つで済むので便利かもしれませんね。 ここに挙げた以外にも認められる書類がありますので、詳しくは郵便局の保険担当者にお尋ね下さい。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。