郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

郵便局の学資保険の特徴

郵便局の学資保険の特徴

郵便局の学資保険の特徴をまとめます。

1. 加入できる期間中であれば、いつスタートしても、高校進学時(15歳満期)、大学進学時(18歳満期)、独立時(22歳満期)に合わせて学資金等の準備ができる。

   卒業や進学の時期には、とてもお金がかかるので、助かります。

2. 出生、新入園、新入学からの将来の学資金づくりに最適。

   人生の区切り目で、郵便局の学資保険をスタートするのもいいかもしれません。

3. 保険契約者が加入後亡くなった場合などには、その後の保険料は不要。

   ここは重要です!

4. 生存保険金付18歳満期学資保険では、中学校進学時(12歳)と高校進学時(15歳)に基準保険金額の10%の生存保険金がもらえる。
生存保険金付22歳満期学資保険では、大学進学時(18歳)に基準保険金額の60%、20歳時に基準保険金額の20%の生存保険金がもらえます。

   うれしい!

5. 郵便局の学資保険は、高校進学コース(15歳満期)、大学進学コース(18歳満期)、大学進学コースで中学進学時(12歳)高校進学時(15歳)に生存保険金が出るコース、大学進学コースで大学進学時(18歳)20歳時に生存保険金が出るコースの4種類から選ぶことが出来ます。

   ここだけをとると、他社の学資保険の方が魅力的かも!?

スポンサードリンク
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。