郵便局?学資保険はどこがいい
郵便局の学資保険に関する情報サイト

学資保険!なぜ必要?

学資保険!なぜ必要?

学資保険、なぜ必要だと思いますか?

幼稚園から大学まで全て公立の場合、約1,300万円(国立大/下宿)
幼稚園から大学まで全て私立の場合、約2,800万円(私立大/下宿)

これは、文部科学省と東京都が発表したデータを元に教育費を計算した数字です。
すごい額ですね。
こどもが一人で、これだけですから、二人、三人いらっしゃる場合は、単純にこの二倍、三倍教育費がかかります。

一括でこれだけの額を払うわけではありませんが、入学シーズンには、かなりまとまった額の費用が必要になってきます。

それだけでは、ありません。
もし、あなたが病気やけがで働けなくなったり、死亡してしまったら、その後、子どもたちはどうなりますか?

とてもじゃないけど、自力でこれだけの額を払って、学校に行くことなんて不可能です。

そんな時に役立つのが学資保険です。

一むかし前までは、学資保険と言えば郵便局でしたが、最近は、いろいろな保険会社が学資保険をあつかっているので、どこを選んでいいのか迷います。
毎月支払う保険料、一時金を受け取る時期、満期がきた時にもどってくる額など各保険会社の学資保険によって、まちまちです。

くりかえしますが、できるだけたくさんの保険会社から学資保険の資料をもらって、よーく考えてから、加入しましょう。

学資保険もほかの保険と同じで、途中解約も可能ですが、かなり損をすることもあり得ます。よく考えるために、加入が少々遅れることは、あまり問題ではないと(私個人としては)思いますよ。

いくつかの保険会社の学資保険をくらべないで、学資保険に加入すると後悔する可能性大です。

このサイトでは、たくさんの保険会社が出てきても、やっぱり学資保険は郵便局と言われる郵便局で加入する、かんぽの学資保険についてご紹介します。

郵便局のかんぽの学資保険をご紹介するのは、郵便局の学資保険だけをおすすめしてるわけではありません。

わたし的に、ほかの保険会社の学資保険資料とくらべて、郵便局の学資保険の資料は、わかりにくかったんですね。それで、各社の学資保険と比較するときに、わたしの経験が少しでもお役に立てばと思って、郵便局の学資保険に関するサイトを作ってみました。

もちろん、郵便局に行って、学資保険の資料をもらってくること、郵便局員さんに話を聞くことも忘れないでくださいね。

スポンサードリンク
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。